モリニアル都賀

〝ひとつひとつの〟住環境の心地よさ、〝みんなの〟コミュニティを叶えるためのレジデンシャルランドスケープ。採光・通風・緑・プライバシーとコミュニティを満たしながら、安全で安心した分譲宅地を創出するため、個々の区画は変形した敷地形状のまちとなった。空地を生む斜めの向き、雁行型配棟、平屋と最低限の2層ボリューム構成、弧を描くしずく型の区画内道路には、子どもたちの遊び場にもなるシンボルツリーの回転広場を計画しました。街区全体は境界塀を無くし、全ての住宅の窓のルールを考案し、近接した住宅同士においてもプライバシーが保たれるよう植栽計画と連携した『立体的な距離感のデザイン』といったシステムづくりが根底のテーマとなった。維持管理にもルールをつくることで発育・維持できる仕組みとなり、ハードとソフトを融合した〝みんなが〟心地よく過ごせるまちづくりを実現しました。

DATA

所在地 千葉県千葉市若葉区若松町
用途 戸建分譲宅地
敷地面積 3,528.11㎡
延床面積 2,995.62㎡(194.24㎡~244.97㎡)
構造・規模 木造 地上2階・14区画
竣工年 2016年6月
備考

2016年度グッドデザイン賞受賞

他のまちづくりコンサル 実績

他の土地有効活用 実績

topへ戻る
TOPへ戻る