ファスティング旅館若杉屋

福岡県篠栗町は、JR博多駅より電車でわずか15分(直線距離11km)という利便性ながら、豊かな自然と玄界灘まで見渡せる眺望に恵まれています。江戸時代からお遍路のまちとしての歴史と文化が色濃く残る荒田高原で、4代に渡って参拝者の疲れを癒してきた旅館「若杉屋」をファスティング(断食)施設として再生することで、篠栗町の活性化を目指したのが本プロジェクトです。篠栗町観光協会・九州大学と連携し、お遍路・森林セラピー基地・医療機関などの地元資産を生かしながら、地元採用の女将たちと旅館再生事業を立ち上げ運営していくことで、経済活動を興すところからの産官学まちづくりビジネスモデルとしました。内臓(ファスティング)・こころ(森林セラピー)・脳(瞑想、ハンモック)のお手入れができる宿として、女性はもちろん企業研修もターゲットとして安定収益を図ります。

DATA

所在地 福岡県糟屋郡篠栗町
用途 旅館
敷地面積 1,483.76㎡
延床面積 894.03㎡
構造・規模 木造地上2階建
竣工年 2016年7月
備考

http://wakasugiya.com/

他のリノベーション 実績

他のまちづくりコンサル 実績

topへ戻る
TOPへ戻る