ハビウル万世橋

五差路という希少な立地特性より、歩行者ならびに車両通行にとって広く視認性を帯びたファサード(建物の〝顔〟)をつくりたいという要望から計画がスタートしました。道路に対して鈍角な敷地形状から、カーテンウォールによる事務所の執務空間の快適性を根底に置き、テナントユースの低層階のデメリット解決に手がかりを見出しました。そこでは、千代田区界隈に残るクラシカルなデザインを尊重・分析し、かつて存在した万世橋駅の赤レンガの壮麗な駅舎といった〝神田らしさ〟を再構築するように、現代的なアレンジメントを図っています。基壇部のヴォールドアーチ(forme)、レンガ素材の質感(texture)、色調の風合い(tone)により、低層階と上層階を組み合せ新しいランドマークとしての〝顔〟をデザインしました。

DATA

所在地 東京都千代田区神田
用途 事務所ビル
敷地面積 288.58 ㎡
延床面積 2347.79 ㎡
構造・規模 S造地上10階・9室
竣工年 2015年4月
備考 -

他のリノベーション 実績

topへ戻る
TOPへ戻る