CASA中目黒東山

高低差のある段状の敷地、2方向からアプローチできる立地を生かし、2方向からアプローチする「路地」を内部に通し、吹抜け、ライトコートと一体とすることで「風の道」をつくりました。また、建物中央に配した吹抜けからは、風とともに光も取り込み、季節が感じられる住まいとなりました。一見、無駄の多く感じられる台形状の敷地も、住戸を段状に配置することで住戸に様々なドライエリア、テラス等をつくり出し、周囲からの視線のコントロールなどプライバシー性の高い暮らしを実現しています。

DATA

所在地 目黒区東山
用途 共同住宅+長屋
敷地面積 691.16㎡(セットバック4.10㎡含む)
延床面積 1382.54㎡
構造・規模 RC造 地下1階/地上3階・16戸
竣工年 2020年8月
設計者 【全体設計】株式会社S&Tファイブステージ 【住戸設計】株式会社S&Tファイブステージ、Verve 一級建築士事務所、株式会社コプラス
備考 -

他のコーポラティブハウス 実績

topへ戻る
TOPへ戻る